Powered by カーセブン

ゴルフが一層上達し、プロの技術や想いを知ることで、あなたのゴルフライフがより豊かになるような<br>ゴルフ情報・コラムをお届けしています!

第2回プロキャディ支援+プロゴルファー研修会イベントレポート

7月1日に行われ、大盛況のまま終了したプロキャディによる女子プロ&アマチュアゴルファーへの研修会。それからわずか1ヵ月後の8月21日、第2回プロキャディ支援+プロゴルファー研修会イベントが開催されました。今回はプロキャディの参加が10名、そして女子プロだけでなく男子プロゴルファーも参戦するという豪華なイベントになりました。その様子をレポートします!

プロキャディのレッスンを間近で受けられるスペシャルイベントが開催!

プロゴルファーたちにとって、プロキャディと言えば欠かせない存在。使用するクラブの選択やラインのアドバイス、さらにはメンタルサポートなどゴルファーがより良い状態でプレーできるようにアシストするプロキャディの存在はまさに必要不可欠なもの。一流のプロキャディがサポートするかしないかだけでも優勝争いが変わるといわれるほど、大きな存在と言えるでしょう。

それだけに一般のアマチュアゴルファーはもちろん、プロゴルファーでもなかなかプロキャディから直接アドバイスをもらえることは少ないのですが…そうしたプロキャディに目を向け、マネジメントやスコアアップのコツを直接聞いちゃおう!というイベントをカーセブンが開催。ゴルフ界初とも言えるこのイベントは7月1日に第1回目が開催されましたが、参加者全員が大満足だったうえに、「次回開催はいつですか?」という声も殺到するほどの盛況ぶりでした。

そうした声に応える形で第1回開催からわずか1ヵ月後の8月21日、第2回目となる「プロキャディ支援+プロゴルファー研修会イベント」が茨城県のイーグルポイントゴルフクラブにて開催されました。

「お集まりいただきありがとうございます!」と研修会のあいさつを元気に行うカーセブン・井上貴之社長

研修会当日は雲一つないという快晴。夏場のゴルフということで気温もぐんぐんと上昇し開始時刻の朝8時40分の時点で気温は30度を優に超えるという猛暑日に。それでも参加されたゴルファーはプロアマを問わずに元気いっぱい。というのも、この日参加したプロキャディのメンバーがあまりに豪華すぎて、参加者全員から「早くラウンドしたい!」という思いがにじみ出ているようでした。

そんなプロキャディ、今回は以下の10名が参加してくれました。

・清水重憲氏
・新岡隆三郎氏
・齋藤優希氏
・佐藤賢和氏
・島中大輔氏
・佐藤大輔氏
・小田亨氏
・串田雅実氏
・伊能恵子氏
・佐藤あいり氏

「優勝請負人」とも称された清水重憲氏に石川遼プロのキャディを務めた佐藤賢和氏など、ゴルファーなら誰もが知るトップ中のトップとも言うべきプロキャディが集まり、10人全員のツアー勝利数を合計するとなんと126勝! 錚々たる面々が集まったことでラウンドの前から写真撮影にいそしむ参加者の姿も見られました。

参加者へアドバイスを送る清水重憲氏。“優勝請負人”の金言に皆、真剣に聞き入っていました

お楽しみのラウンド前に行われたのが、練習グリーンでのパッティング練習。スコアアップに最も直結する大切な練習ですが、具体的にどうしたらいいかと言われると意外と知らないことばかりということも。ここで清水氏が教えてくれたのは「歩数を利用すること」そして「上り下りのパットで当日の調子を図る」という2点。細かな調整がスコアに直結するだけに、参加者全員で歩数を図りながらそれぞれパット練習に取り組む様子が見られました。

練習のデモンストレーション役を買って出てくれたのは小岸秀行プロ。パット後のリアクションにプロゴルファーのモノマネを交え、参加者からの笑いに包まれました
実演後に練習にいそしむ工藤遥加プロ。歩数を確かめつつ、何度も何度も熱心にパッティング練習を行っている姿が印象的でした

30分近い練習を終えると、いよいよお待ちかねのラウンドへ。インとアウトそれぞれ2組に分かれてプレーしますが、18番ホールまでプロキャディが帯同して、アドバイスやレッスンを行います。貴重すぎる体験をした参加者の皆さんは「本当に有意義な時間だった」「明らかにうまくなった気がする(笑)」と効果を実感しているようでした。

素振りで自身の感覚を確かめる 堀井美沙子プロ。
一見地味に映りますが、自身のコンディションを知るためには重要なルーティーンのひとつ

9時に始まったラウンドはランチ休憩を挟み、14時ごろにホールアウト。あまりの猛暑で熱中症が心配されましたが……「暑さ対策でカートを付けさせていただきました!」という井上社長のファインプレーのおかげ(?)か、誰一人熱中症にかかることなくラウンドを終えて戻ってきました。 うだるような暑さから、参加者は軒並み大汗をかいて戻ってきましたが、その表情を見ると皆どこか嬉しそうな様子。プロキャディからアドバイスをもらいながらのプレーはやはり、暑さが吹き飛ぶほどの体験だったと言えるでしょう。

満足そうな表情で戻ってきた堀井美沙子プロと清水重憲氏。
18ホール回ってヘトヘトかと思われましたが……この笑顔!

プロも目からうろこな振り返りミーティング!

ラウンドが終了した15時過ぎ、シャワーを浴びてリフレッシュした参加者はミーティングに参加。そこでは軽食を食べながら、今日のプレーをプロキャディの方たちともに振り返り、そしてプロキャディにアドバイスや不思議に思っていることをざっくばらんに聞ける質問コーナーが行われました。

ミーティング前にあいさつをするカーセブン・井上社長。第3回目のイベント開催をはじめ、今後予定しているゴルフイベントの一部を紹介し、開場は大いに盛り上がりました
この日参加された綾田紘子プロ。最近ではマーカーをオーダーメイドで作成し販売するなどマルチな個性を発揮。オリジナルマーカーの詳細は「http://hrkgolf.official.ec」で検索を
司会を務めてくれたのは清水重憲氏……でしたが、途中からはプロキャディ界屈指の饒舌家、串田雅実氏にスイッチ。自慢のトークで大いに盛り上げました
「サスケ」の愛称でおなじみの佐藤大輔氏。成田美寿々プロとのタッグをはじめ、ツアー通算12勝を記録しています
金庚泰プロのプロキャディを務める島中大輔氏。明るい語り口で足立由美佳プロの質問に答えてくれました
申ジエプロなどをのプロキャディを務めた齋藤優希氏。ここまでツアー通算20勝を誇ります
石川遼プロらのプロキャディとして知られる佐藤賢和氏。「今後は井上社長のバッグを担ごうかな…」というリップサービスも
朴訥な語り方が印象的な小田亨氏。丁寧なレッスンは参加者からも好評でした
「ホントだったら上田桃子プロのキャディを務める予定で…」と語ってくれた新岡隆三郎氏。先に決まっていたという理由でこのイベントを選んでくれたというとても律儀なエピソードを披露してくれました
前回に引き続き参加してくれた佐藤あいり氏。カーセブン所属のプロキャディとして今回も大活躍でした
こちらも2回目の参加となった伊能恵子氏。明るい語り口でゴルファーのメンタルをコントロールするスタイルでおなじみです

改めてみると、錚々たるメンバーが揃っていることが分かります。ここで質問コーナーがはじまり、プロアマ問わず様々な質問が飛び交いましたが、それらを懇切丁寧に返答。質問した参加者たちも納得した表情を浮かべ、ミーティングは大成功に終わりました。

ロキャディに質問する足立由美佳プロ。「予選を通過する/しないプロの違いは?」など、積極的に学びに行く姿勢が目立ちました

大盛り上がりのうちにお開きとなった今回の研修会。井上社長によると第3回目の開催はもちろん、新たなイベントも開催予定とのこと。次回の開催にご期待ください!

SHARE